HOME先輩たちの声 > 坂井 尊
小中学部 教務職 坂井 尊
小中学部 教務職 安田 梨沙
小中学部 教務職 片山 幹生
新入社員座談会
■採用に関するお問い合わせは…
〒862-0924 熊本市中央区帯山3-3-1
(株)早稲田スクール本部(担当:鈴木)
電話番号096-383-1424
E-mail でのお問い合わせは から
坂井 尊
小中学部 清水校
教務職
中途入社 熊本県出身
坂井 尊
Takeru Sakai
■入社後の歩み
  2006年6月入社
  武蔵ヶ丘校・帯山校を経て、
  清水校に配属、
  現在に至る。
  小中学部清水校 校長
良い授業は、
子どもたちとの信頼関係から。

この仕事を始めたばかりの頃は、時間を見付けては自主的に授業見学に行きました。授業には教師それぞれの個性・スタイルがあって、自分に合うものはないか探していたのかもしれません。そんな時、ある教師の授業を見て、考え方が変わりました。あうんの呼吸とでも言うのでしょうか。生徒と教師の息がぴったりと合っている。お互いがお互いのことを分かっている感じがしたんです。その時の私といえば、あまりうまく行っておらず、授業をするだけで精一杯で、子どもたちとの関係どころではありませんでした。
良い授業をするためには、生徒とのつながり・信頼関係が欠かせないと思います。そして、それらを築くには、細かいことの積み重ねが必要です。授業時間外にも声を掛けたり、生徒の表情にも気を配ったり。結局は、生徒に愛情を持てるか持てないかなのかもしれません。愛情を持って関われば関わるほどに生徒のことが気になります。運動会や部活動の大会を見に行ったりもしましたよ。そうやって気に掛ければ掛けるほど、声を掛ければ掛けるほど生徒との関係は良くなりますし、生徒も力をつけていくと思います。そして、保護者からも声を掛けてもらえるようになります。大変な様に思えますが、その分喜びも大きいですし、結果も出ると思います。手を抜かず、しっかりやれば結果が出るということだと思います。

生徒へ個別指導|坂井 尊
他の塾にはない、
何かがあると思います。
手を掛け、しっかりとやっていくことは大変ですが、結果が出れば嬉しいし、会社からも評価されます。やる気は買ってもらえると思いますね。色々な工夫や良いアイディアは採用してもらえますし、チャンスを与えてもらえます。私たちが頑張って、もっともっと会社を成長させて、自分自身のチャンスを広げたいと思います。
早稲田スクールには、他の塾にはない何かがあると思います。子どもたちのことをしっかりと見て、きちんと温かく指導する。単に合格させればいいという考えではなく、生徒に本当の力をつけさせる。受験という機会を通して人間的に成長させる。そういう理念のもとに指導をするからこそ、子どもたちは本当に強くなるのだと思います。 授業の様子|坂井 尊
どうせやるなら
面白くしたい。
求められている以上のことをやりたいと思います。色々とこだわる方ですね、サービス精神が旺盛なのか平凡なものはつまらないと思ってしまいます。授業の準備も子どもたちが驚いたり喜ぶ姿をを想像すると、つい頑張ってしまいます。同じことを教えるのでも、工夫しだいで全然違う授業ができます。どうせやるなら楽しい方がいいですよね。ただ、時間には限りがありますから、結局は時間との相談ですね。
何でも楽しい方が身につくはずです。子どもたちにも何でも楽しみながらやれる人になってほしいと思います。
Copyright © 2019 Waseda School All Rights Reserved.