HOME先輩たちの声 > 安田 梨沙
小中学部 教務職 坂井 尊
小中学部 教務職 安田 梨沙
小中学部 教務職 片山 幹生
新入社員座談会
■採用に関するお問い合わせは…
〒862-0924 熊本市中央区帯山3-3-1
(株)早稲田スクール本部(担当:鈴木)
電話番号096-383-1424
E-mail でのお問い合わせは から
安田 梨沙
小中学部 帯山校
事務職
新卒入社 熊本県出身
安田 梨沙
Risa Yasuda
■入社後の歩み
  2010年4月入社
  宇土校・帯山校を経て、
  水道町校に配属、
  現在に至る。
早稲田スクールとは
長いつきあいです。

中学時代は早稲田スクールの塾生で、大学時代は事務のアルバイトとして働いていたんですよ。その時の仕事が好きだったこと、校舎の雰囲気が好きだったこともあり、早稲田スクールで働きたいと思うようになりました。
事務職はアルバイトとして3年間の経験があったのですが、社員として働き始めるとその時の経験は通用しませんでした。覚えなければならないことも本当にたくさんあり、ほとんどゼロからのスタートでした。お客様に対して、知らない、分からないでは済まされない訳ですから、ちゃんとした知識を身に付ける必要がありました。本当に最初の頃は一日中ドキドキしていたのを覚えています。
そして、知識を身に付ければ大丈夫という訳ではありません。様々な状況に応じて的確な判断をしなければなりません。失敗もたくさんしました。しかし、その失敗から学ぶことで段々と落ち着いて対応できる様になったのだと思います。

後輩社員との会話|安田 梨沙
事務の仕事が大好きです。
電話や訪問など外部からの窓口となり、校舎のイメージを最初に印象付けるのが事務職です。責任が重く、とてもやりがいのある仕事だと思います。
事務職とは言っても事務作業ばかりが仕事ではなく、コミュニケーションの占める割合も大きいと思います。私自身、生徒や保護者の方とお話しをするのは大好きで、生徒をお迎えに来られた保護者の方とお話しをすることはよくあります。短い時間ではありますが、笑顔で誠意を持って応対することを心掛けています。時間にすれば短いのですが、それでもきちんと信頼関係を築くことはできるんですよね。事務は教務の先生方の様にきちんと時間をとって生徒や保護者と面談することもなく、あくまでも補佐的にサポートする立場です。それでも、私たちを信頼し、心を開いて頂けるんですよ。どちらかと言えば気難しい保護者の方に「安田さんをお願いします」と指名して頂いた時には嬉しかったですね。先生宛ての手紙に「いつも笑顔の事務の方にもよろしくお願いします」と書き添えてあったこともありました。ほんの小さな一言ではありますが、とても励みになりました。 笑顔で電話応対|安田 梨沙
誰に対しても
誠意を持って
応対する。
早稲田スクールは、活気があって元気な会社だと思います。挨拶にそれがよく表れていると思います。帯山校には色々な業者の方が来られるのですが、「挨拶が凄いですね」と驚かれる方が多いです。
以前、塾長がお掃除のパートの方に丁寧にお話ししていたのを見たことがあります。お客様に対して、きちんと応対するのは当たり前だと思います。しかし、お客様ではない誰に対しても誠意を持って応対することは、なかなかできないことだと思います。会社全体にそういう文化が根付いているのだと思います。自分もその一員であることに誇りを感じると同時に、後輩たちにも伝えていかなければと思っています。
Copyright © 2019 Waseda School All Rights Reserved.